不安があっても始めてみよう

介護業界への就職を悩んでいる人の中には、ハードな仕事をこなせるかどうかで不安を感じ、躊躇している人がいます。
確かに、介護業界は業務の多さが特徴といえます。高齢者の生活を全般的に支援しなければならないので、大変な作業も多いです。
入浴やトイレの介助は、体力的にハードです。介護職をしていて腰を痛めたという話はよく聞きますが、ほとんどがこの介助を行っているタイミングで痛めていると思われます。
介護職は体力を使わない、というイメージを持っている方もいるかもしれません。しかし、年配の方を支えたり運んだりする場面が多く、力仕事はたくさんあるのです。基礎体力が無いと、疲労がかなり溜まってしまう可能性があります。

数をこなして慣れてくれば、コツを掴んで上手に仕事をこなせるようになります。しかし、入職してすぐであれば、大変なことだらけだと感じても仕方が無いでしょう。
そういった介護初心者に対して、介護職員初任者研修を受けさせる施設が増えてきています。
介護職員初任者研修では、高齢者の生活をサポートするための、基本的な知識ややり方を学ぶことができます。
職場では、先輩スタッフが最初にしっかりと業務内容について説明してくれるので、不安な気持ちを取り除けるでしょう。
また、チームワークを大切にしている職場では、先輩が新人のサポートを進んで行うことが多く、スムーズに職場の雰囲気に馴染む手助けをしてくれます。
そういった雰囲気の職場では、もし仕事が辛い時でも、スタッフ同士で支え合いながら乗り越えることができるのです。

介護は、やりがいの大きな仕事です。介護業界に興味のある人は誰もが歓迎されるでしょう。もし今、不安に思って入職をためらっているのであれば、勇気を出して踏み込んでみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です