目標を持つ事が長く働くコツ

超高齢社会が進んでいく中、介護を必要とする高齢者の数は増えてきています。
そのため、介護の仕事に関わる人のニーズは、これからもどんどん増加することが予想できます。
しかし、現状ですら介護スタッフの人手は追いついておらず、人手不足が深刻な問題になっているのです。

人手不足の原因は、高齢者の増加に加えて、介護業界の離職率の高さもあげられるでしょう。介護職というのは、体力的にも精神的にもハードな仕事のため、入ってすぐ辞めてしまう人が多いのです。
人の命を預かるのだから責任も感じますし、体の不自由な高齢者の体位変換などを行う際に、介護スタッフが体を痛めてしまうこともあります。
また、人手不足のせいで残業が多くなったり、休みが取りづらかったりということも、離職率が高い原因と考えられます。そのため、この業界では常に人手が欲しい状態であり、採用率が高い傾向にあるのだと言えます。

そのため、施設によっては介護経験や資格を問われることなく働くことができます。
介護業界で働くのであれば、目標を作るのが長続きするコツです。キャリアアップを目指して資格を取得し、仕事にやりがいを持って働くのが良いでしょう。
介護業界でまず取得することをお勧めする資格として、介護職員初任者研修があります。介護職員初任者研修は、以前設けられていたホームヘルパー2級に相当する資格です。この資格を持っていることで、できる業務の幅が広がります。また、知識や技術のみならず、高齢者との接し方なども学ぶことができるため、持っていて損の無い資格なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です