知識と技術の証明になる資格を取ろう

介護の仕事というのは、基本的には経験不問で、誰でも職に就くことが可能とされています。
しかし、実際に採用の条件を見てみると、資格や経験を必要としている募集もあるのです。
もちろん、未経験でもできないことはないですが、やはり実務経験を積んでいるかどうかは重要視される傾向にあります。

その場合、介護職員初任者研修という資格の取得を目指すのが良いでしょう。社会福祉士やケアマネージャーなど、専門性が求められる資格が多い介護業界において、介護職員初任者研修は最も基本的な資格とされており、介護の基礎を学ぶことができます。
施設によっては、入職してすぐ介護職員初任者研修の資格取得を行わせてくれるところもあります。

資格取得はキャリアアップの手始めと言えます。介護業界でキャリアアップを狙うのであれば、欠かすことができない資格なのです。介護職員初任者研修は取得に学歴が関係ないため、誰でもチャレンジできます。

「研修」とあるように、資格を取得するためには、講座を受講して介護の基礎知識や基本動作を学びます。その後、筆記試験に合格すると見事資格取得となります。最短1か月ほどで取得が可能なので、難易度はそれほど高くないと言えるでしょう。
初任者研修の資格を持っていると、実際に施設で働く際に有利になります。知識を持っていることを証明できますし、現場で働く際に研修で学んだ知識や実技の動きが役に立ちます。資格を持っているだけでも、採用試験がより通りやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です